胃カメラ(鼻から、鎮静剤なし)体験記

さてさてやってきました、
胃カメラ!!!

とにかく心配でインターネットでひたすら調べました。
鼻からなら痛くない派、口から鎮静剤で痛くない派、鎮静剤が効かない派、痛い派。
どの情報も怖い。みんなきっと検索しているんだろうな。。。笑

そこでまず結論からお伝えします。
胃カメラは痛くないとは言いませんが、
耐えられないほどの痛みではありません!
歯医者とかのほうが痛い!肋骨を骨折した時のほうが痛い!

以下、検査の状況です。



まず受付をしてから腹部エコー検査をして、
いよいよ胃カメラへ。

まず検査室に入り、
紙コップ一杯の液体を飲みます。
そこまで味はしなくて問題なく飲めました。
そこから横になり鼻に空気を入れ、
どちらの鼻の穴が通りやすいかを調べます。
自分ではよくわからないので、おまかせにしました。笑

その後、鼻にチューブのようなものを入れて麻酔をします。
鼻からのどにたれてくるので飲んでいいとの事でしたが、
これがなんとも言えない苦さで多少つらかったです。
チューブを入れている状態で肩に注射。
チューブを外し再度太めのチューブを入れます。
これが入るならカメラは鼻からで問題ないとの事。

そしていよいよ本番。
正直。。。怖くて若干震えていました。。。

いざ鼻にカメラを投入。
鼻は問題ないですが、のどを通過するのがきつかった。
数回オエオエとなり、もう無理と思いましたがなんとか通過。。。
その後は特に痛みはなく、ずっと看護師さんが背中をさすってくれて癒されました。

想像よりは楽!
だからこそ、悩んでいる方には気軽に受けてもらいたいです。
僕は鎮静剤を打たずにチャレンジでしたが、
病院によっては鎮静剤により眠った感じの状態で受ける事もできるみたいです。
ビビリの僕でもできたので大丈夫です!
医療は進歩してます!
本当につらかったというのはおそらく数十年前の情報です!
怖がらずに検査を受けましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください