宅建の試験間近!最後の追い込みは宅建業法がオススメ!

宅建士のひろしです。

ついに日曜日は宅建の試験日。
私も昨年は頑張って勉強をしていました。

ここまで勉強を頑張ってきた方は絶対に受かりたいという気持ちでしょう。
年に一度しかない試験、
また来年も勉強するなんて考えたらゾっとしますよね。
そこで本日のテーマは宅建の最後の勉強について。

もちろん、ある程度頑張って勉強してきた方へオススメしています。
前日にちょっとやって受かる資格ではありませんので。

正直、この段階で民法の内容を理解することは難しいです。
権利関係はやればやるほど難しいと感じてきます。
それを満点目指すのは無理。
ここは予想模試などを数回こなす程度でいいでしょう。




最後に大事な点は「宅建業法」
これに尽きます。
業法は20点と配分も大きく暗記科目のため、この分野は必ず満点を目指すべきです。
近年は何個あっているかという全ての設問を理解していなければ答えられない問題もありますが、
それでも宅建に合格する人は間違いなく宅建業法を落とさず点を取っているでしょう。
私も20点取れていたため、昨年は44点という点合格できました。

ある程度合格が見えている人も必ず前日は宅建業法を再確認しましょう。
ネットに無料の〇☓問題もありますので、それで復習するでも構いません。
間違った問題は何度も繰り返し同じ問題を解き、頭に叩き込んでください。
宅建業法でのミスは命取りです。

あとは、前日は早めに寝て当日早く起きることもオススメです。
変に緊張して眠れなくて寝不足で試験に挑むなんてもったいない。
受験票やえんぴつをカバンに入れて準備をしておき、
遅くても11時ごろには寝て、朝7時には起きましょう。
当日会場入りしたら、自分の苦手な部分を再度暗記。
開始したら焦らず問題を解く。
勉強している皆様はあっという間に終わるはずです。
(私も1時間で全問終わり、2回見直しをしました)

頑張っている皆様が受かるよう祈ってます!

※余裕のある人は法令上の制限もやることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください